『天冥の標2 救世群』

シリーズ第1弾は、時代があまりに未来へと飛びすぎていて実感が持てなかったが、物語は一転して現代へと戻り、写実的な筆致で描かれる。ちなみに本作が刊行されたのは2010年なので、当時は直近の未来として描かれていた。致死率の高い感染症と戦う、医師と、患者と、患者に寄り添う友達の物語だ。

『天冥の標Ⅱ 救世群』

あらすじ

西暦201X年、謎の疫病発生との報に、国立感染症研究所の児玉圭伍と矢来華奈子は、ミクロネシアの島国パラオへと向かう。そこで二人が目にしたのは、肌が赤く爛れ、目の周りに黒斑をもつリゾート客たちの無残な姿だった。圭伍らの懸命な治療にもかかわらず次々に息絶えていく感染者たち。感染源も不明なまま、事態は世界的なパンデミックへと拡大、人類の運命を大きく変えていく――すべての発端を描くシリーズ第2巻

カバーより

2015年、パラオの小島で未知の感染症によるアウトブレイクが発生した。知らせを受け、医師の児玉圭伍と感染経路の解明・ブロックが専門の矢来華奈子は島へ向かう。この状況を伝えたのは、島にいた製薬会社役員の孫フェオドール・フィルマン少年だった。

後に冥王斑と名付けられたこの病気は、激しい熱が出てリンパ節が腫れ、眼の周りがうっ血して斑紋ができた。致死率が95%と異様に高く、多くの人が亡くなった。また、患者はフェロモンに似た芳香物質を分泌し、新たな犠牲者を引き寄せていた。感染者は島だけにとどまらず他の地域へも広まり、世界的なアウトブレイクを見せはじめた。

圭伍が島で助けた日本の高校生、檜沢千茅あいざわちかやは生き延びた。しかし冥王斑は回復しても皮膚の落屑などから他の人へ感染してしまうため、厳重な隔離が必要だった。千茅はそれまで人気者のグループに属していたが、友人たちの足は次第に遠のく。そんな時に見舞いに来始めたのが、以前ケンカをした紀ノ川青葉だった。青葉はマイナーな友人が多かったが、千茅がようやく一人の人間に見えるようになったと言って、友達であり続けた。

冥王斑の感染源は、猿に似た六本脚のクトコトという奇妙な生物だった。宇宙から来た生き物だという説も出ていた。一方、紀元前2000年頃、まだ謎に包まれた被展開体なるものは羊の先祖に展開して繁殖していた。やがてオーストラリアで偽薬売りダダーと名乗っていたが、遺伝子解析されてデータとなり、機を捉えてフェオドール少年の作った疑似人格に入り込んだ。

千茅たちは血液製剤のために血液の提供を求められた。彼女たちは冥王斑患者の回復施設で暮らしていた。千茅はやがて冥王斑患者連絡会議プルートスポット・プラクティス・リエゾンを立ち上げて全国の患者を結ぶネットワークを築く。

千茅の主治医となっていた圭伍は、冥王斑と戦う医師の一人として有名になっていた。冥王斑は全世界で何度かアウトブレイクを起こしていたが、東京でも起こり、多くの患者が死亡していた。対応にあたった圭吾は、付き合いのあった女性が患者となり、恨んで死ぬのを目の当たりにして憔悴する。世間の患者への風当たりはどんどん強くなっていった。千茅もつらい思いをし続ける。

世界的に増え続ける冥王斑の回復者はココ島へ収容されることになった。圭伍は千茅のために奔走するも、逆の結果となり、千茅も日本を追われた。ココ島で千茅は回復者たちにはっぱをかける。彼女らは評議会を組んで元首を立て現地の政府のようになり、救世群と名乗り始めていた。

こうした回復者たちとの連絡役として、日本特定患者群連絡医師団が作られ、圭伍たちはリエゾン・ドクターとして活動していた。ラストは疑似人格をコピーし続けて欲しいというフェオドールからのお願いと、華奈子への悲しい知らせで終わっていた。

おそらくこの後、華奈子と圭伍は結婚し、二人の子孫がカドムとなるのだろう。シリーズ第1弾のラストで紹介されていた二つの勢力《医師団リエゾン・ドクター》と《救世群ラクティス》が誕生する物語だ。

患者の隔離はハンセン病の強制隔離を想起させる。これなども本当にひどい政策だったが、本作でもひどい差別により千茅はつらい思いをする。患者たちはどんどん住処を追いやられ、こうしたことが何百年にもわたる恨みつらみとして鬱積してゆく。

また、医師たちにとっても、気をつけていても安全ではなく、ほんの偶然やうっかりしたミスで大勢があっけなく亡くなってしまう、つらいシリーズだった。

『天冥の標1 メニー・メニー・シープ』(上・下)

ようやく『天冥の標』全17巻を読了。結局全巻を読み直し、さらに疑問があった部分をあちこち読み返した。10年かけた大作だけあって、読み応えがあった。間違いなく傑作だ。感想というか、まずはあらすじをまとめていたのだけれど、時間がかかりそうなので少しずつアップすることに。

『天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ』

あらすじ

西暦2803年、植民星メニー・メニー・シープは入植300周年を迎えようとしていた。しかし臨時総督のユレイン三世は、地中深くに眠る植民船シェパード号の発電炉不調を理由に、植民地全域に配電制限などの弾圧を加えつつあった。そんな状況下、セナーセー市の医師カドムは、“海の一統”のアクリラから緊急の要請を受ける。街に謎の疫病が蔓延しているというのだが…小川一水が満を持して放つ全10巻の新シリーズ開幕篇。

カバーより

あらすじ

謎の疫病の感染源は、出自不明の怪物イサリだった。太古から伝わる抗ウイルス薬で感染を食い止めたカドムだったが、臨時総督府にイサリを奪われてしまう。一方、首都オリゲネスの議員エランカもまた、ユレイン三世の圧政に疑問を抱いていた。彼女は自由人の集団“恋人たち”と知りあうが、ユレイン三世はその大規模な弾圧を開始する。新天地を求めて航海に出た“海の一統”のアクリラは、驚愕すべき光景を目にするが…

カバーより

当初は、地球からはるか離れた惑星ハーブCの植民地メニー・メニー・シープで始まった物語だった。

西暦2803年、入植から300年が経ち、地球をはじめ他の惑星とも交流の無いメニー・メニー・シープでは、民主主義も機能しておらず、臨時総督ユレイン三世の課す配電制限や窒素制限がますます厳しくなり、民衆はあえいでいた。

医師のカドム・セアキと《海の一統アンチヨークス》の統領の息子アクリラ・アウレーリアは、セナーセーの町で起きた流行病に対処する。冥王斑というその病は、硬い鱗に覆われた未知の怪物が感染源だった。その怪物はイサリと名乗り、カドムに親愛の情を見せる。カドムの家にはなぜか拡散時代バルサム・エイジの冥王斑の治療薬が伝わっていた。

ユレインは、植民地へ電気を供給するシェパード号の発電炉や天候を左右する蒸散塔、先導工兵イオニアなど大型ロボットの制御権を握り、原住知的生物石工メイスンを従え、反乱する民衆を軍警によって制圧していた。セナーセーを騒がす怪物の噂を聞き、その《咀嚼者フェロシアン》を連れてくるよう命じる。

海の一統アンチヨークス》はユレインの封鎖する海域を突破して新天地を求めようと計画していた。アクリラを艦長キャプテンとする一行は予想外の近場に陸地を見つけた。そこでは重工兵レジョネイアが壁を築き地下を掘り進めていた。さらにアクリラは滑落して伝説の巨大宇宙戦艦ドロテアが地下深くにあるのを見た。果たしてここは惑星ハーブCなのか。

ユレインの圧政に議員エランカが立ち上がり、カドムも政治活動に巻き込まれていった。ますますひどくなる配電制限に、《恋人たちラバーズ》と呼ばれるアンドロイドや《海の一統アンチヨークス》たちも反乱を起こした。ユレインはシェパード号で一人逃げだすつもりだと噂が立っていた。革命の計画が進み、ダダーのノルルスカインと名乗るソフトウェア人格もちょっかいを出し始める。

共意識で仲間と感覚を共有する石工メイスンは、軍警に激しい暴力で痛めつけられながら、抵抗する市民の制圧に投じられていた。彼女らは仲間を大勢殺されて理不尽さに苦しんでいた。《恋人たちラバーズ》の少年ベンクトからリリーと名付けられたよく喋る賢い石工メイスンは、彼に触発され、「きれいで根性のある」石工メイスンであろうとする。ついに人間への服従を終え、石工メイスンは《休息者カルミア》となった。

軍警と市民が衝突する中、カドムとアクリラ一行はユレインの住むフォートピークへ侵入し、配電制限をやめるよう要求する。しかし、メニー・メニー・シープは実は植民地の人々が思っていた姿と大きく異なっていた。竪穴から《咀嚼者フェロシアン》が次々と現れ、アクリラもカドムも絶体絶命。メニー・メニー・シープは闇と雪に閉ざされた。

『天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ』は、こうした希望を全く持てない状況で終了していた。粘り強い医師のカドム、金髪で細身の美しく元気の良い少年アクリラを筆頭に、怪物のイサリ、石工メイスンのリリー、議員のエランカと《恋人たちラバーズ》の男娼ラゴス、残忍な軍警ザリーチェ将軍、偽りの植民地の臨時総督として重圧に押しつぶされそうなユレイン、地球から来た謎の人物ルッツとアッシュ、敵か味方かわからない偽薬売りダダー、ロボットのフェオドールやカヨなど、人間や人間ではないものが入り乱れて活躍する。しかし、植民地や地球が実際にはどうなっているのか、どういう状況で植民したのか、《咀嚼者フェロシアン》とは何なのかなど、多くが謎に包まれたままだった。

さらに、ラストで六つの勢力について語られていた。

かつて六つの勢力があった。それらは「医師団リエゾン・ドクター」「宇宙軍カバラ」「恋人プロスティテュート」「亡霊ダダー」「石工メイスン」「議会スカウト」からなり、「救世群ラクティス」に抗した。「救世群ラクティス」は深く恨んで隠れた。時は流れ、植民地が始まった――。


この後、それぞれの勢力の物語が徐々に語られていく。物語は多岐にわたりそうである。

【honto】東京創元社 対象商品30%OFF(電子書籍)

ハイブリッド型総合書店「honto」にて、東京創元社の対象商品の電子書籍が30%オフだそうです。
SFだけでなく、推理小説やファンタジーも対象となっています。
9月2日から9月15日まで。

honto.jp

対象商品一例

ほか、対象商品は140点以上。


まだ読んでいない『バビロニア・ウェーブ』と『皆勤の徒』を購入しようかな。