早川書房 電子書籍セール

早川書房さんが、海外SF必読書としてピックアップした190作品の電子書籍セールを開催中です。
www.hayakawabooks.com
セール期間は、12月20日(金)から1月6日(月)まで。もう始まってましたね。先日『ミレニアム6』を購入したときに、安くなってる作品があるなとは思っていたのですが、これでしたか。

早川書房さんのお知らせにはセール対象の全作品名が掲載されていますが、下記リンク先から書影一覧と割引価格が確認できます。
honto「早川書房 電子書籍期間限定割引一覧」

セール対象作品著者

なかなかの顔ぶれです。往年の作家の作品だけでなく、比較的新しい作家の作品も揃っています。せっかくなので、最近読書量が落ちているためまだ購入していない、ケン・リュウ作品あたりを揃えたいと考えています。

『天冥の標』シリーズ

シリーズ一覧

『天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ』(上)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150309688

『天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ』(下)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150309695

『天冥の標Ⅱ 救世群』
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150309886

『天冥の標Ⅲ アウレーリア一統』
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150310035

『天冥の標Ⅳ 機械じかけの子息たち』
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150310332

『天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河』
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150310509

『天冥の標Ⅵ 宿怨』(Part1)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150310677

『天冥の標Ⅵ 宿怨』(Part2)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150310806

『天冥の標Ⅵ 宿怨』(Part3)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150310943

『天冥の標Ⅶ 新世界ハーブC』
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150311391

『天冥の標Ⅷ ジャイアント・アーク』(Part1)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150311599

『天冥の標Ⅷ ジャイアント・アーク』(Part2)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150311698

『天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと』(Part1)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150312138

『天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと』(Part2)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150312312

『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ』(Part1)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150313555

『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ』(Part2)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150313593

『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ』(Part3)
早川書房 刊 / 小川一水
ISBN:9784150313623

均一化 vs 多様性

『天冥の標』でシリーズを通して貫かれているテーマは、均一化を強制する者たちとの闘いだ。

「徹底的な均一化」を戦略とする最大の敵ミスチフを筆頭に、残忍な軍警ザリーチェや、95%を死滅させる冥王斑という病気そのもの、人気者だった頃の千茅、「未知への愛」が無い海賊たち、弱者を容赦なく切り捨てるロイズ保険社団とその子会社のMHD社、偏った倫理観で殺戮する倫理兵器エチック・ウェポン、全人類を無理やり《救世群ラクティス》にしようとするミヒル、個を犠牲にして超新星爆発を引き起こそうとするオンネキッツなど、程度の差こそあれ、異質なものやマイノリティを認めず切り捨てる行為が繰り返される。

こうした敵に対し、主人公たちは多様性を大切にする。イサリやカドムは「気に入らない相手でも滅ぼしたりまでしたくない」「自分たちだけでなく、外に豊かな何かがあって欲しい」と願う。エランカは「人間の考える豊かな国と未来には、《恋人たちラバーズ》やカンミアも含むことができる」と人間以外の者たちにも同等の主権を与える。青葉は迫害される《救世群ラクティス》代表の千茅に「あんたたちが消えていい訳がない」と手紙に書く。

だが、それだからこそ、決着をつけるのが難しそうだとずっと思っていた。

均一化を強制する者が勝つなら話は簡単だ。単に相手を滅ぼしてしまえばそれで良い。矛盾もしない。しかし、多様性を大切にする者が勝つためには、自己否定になるため、相手を滅ぼして終わりにするわけにいかない。作者がこれにどう決着をつけるのか注目していた。

この難題は突き詰められ、「進化していない者 vs 進化を繰り返した者」という、生物的な次元に行き着いた。

均一化の代表ミスチフは、進化も繁殖もせず、ただ一個体のみで拡大してきた。カドムたちはこれに、進化で獲得した免疫を用い対抗する。まさに多様性の賜物だ。

しかし、こうなると均一化と多様性の問題は、善悪でもなければ好き嫌いでもなく、正義かどうかでもなくなった。こんな論点に落とし込んで難題を解決するとは、さすがである。

また、ミスチフへの対抗策をめぐり繰り広げられたオンネキッツたちとのメタ進化の議論もとても面白かった。

ラゴス

ラゴスのことはよくわからない。男娼ではあるが、最初は理想の男性像のように描かれていた。屈強な体格、ムスクの香り、完璧な技巧とタイミング、何より自分の意見を女性に押し付けない控え目な態度。エランカは彼との子供を作る代わりに、革命を率い大統領にまでなった。また、彼自身はアクリラに絶対の協力を約束し、革命を担う市民の一員として活躍していた。

だが、記憶を取り戻してからのラゴスはいかがなものか。冠絡根環カンカラコンカンへはMMS交渉団として《救世群ラクティス》を代弁するために行ったはずなのに《恋人たちラバーズ》の目的を優先したり、つれなくされて茜華根禍アカネカを口説こうとのめり込んだり、身勝手が目立つ。茜華根禍アカネカたちに人間の生殖行動を実演して見せるに至ってはもはやギャグだし、何よりここまでしたエランカの元へ戻らないのは、ヒトとしてどうなのか。もちろんヒトではないのだが、他も選べるという選択肢を得てなおエランカを選ぶ意思こそが、主体ではないだろうか。

彼以外の《恋人たちラバーズ》も、同じように主体獲得を試みていた。人間に逆らい反撃したベンクトやオーロラ、ヒトになりたいとミヒルに寄り添った一旋次、愛する人を得て共に闘ったゲルト、大きなダメージを受けてなおイサリを笑わせようとするスキットル。彼らと比べても、ラゴスの方向性はずれていないか。

従属する相手を自ら選ぶことで主体を獲得するという理屈はわからなくもない。しかし、これは、人類全体の中から《救世群ラクティス》を主人に選んですでに試し、失敗したのではないか。

ノルルスカインは、面倒を見すぎるとダメになると、人間に対して最低限の干渉しかしなかった。だが、《恋人たちラバーズ》は《救世群ラクティス》の要求に従いすぎ、歯止めが効かなくなり最後は放り出した。茜華根禍アカネカを主人としても同じことになるのではないか。

それに混爾マージを超えるものを探すといっても、巨大な樹木のような茜華根禍アカネカ相手に何をするのか。蜂みたいに受粉を手伝うのだろうか?《恋人たちラバーズ》を創り出したウルヴァーノもびっくりだ。

主体がないからこそ女性にとって理想の男性像だったラゴスは、主体を獲得し、ただの女たらしになる自由を得た。それもまた主体なのかもしれない。エランカの方でも未練は無いようだからそれでいいのかもしれない。

カルミア

カルミアンの呼び方は色々あってわかりづらい。「カンミア」が生物学的種族名、「カルミアン」は《救世群ラクティス》がつけた呼び名、「石工メイスン」はMMSの人々がつけた呼び名、「ミスン族」は情報生命体となった状態、「イスミスン族」はミスン族がいくつか集まって被展開体となった状態か。そもそも被展開体自体よくわからないので、合っているかどうかわからない。巻末の用語説明でこのあたりの違いを説明してほしかった。

愛すべきエイリアンの彼女らには、ぜひとも人類の傍らでちょこまかしていてもらいたい。

未来の地球

このシリーズでは、もしセレスの地下でMMSの人々が生き延びていなければ、太陽系の人類は滅亡していたかもしれない。

地球では、戦争が始まるずっと前に《救世群ラクティス》を全員宇宙へ追いやっていたため、血清がなかった。これが災いし、ウイルスが撒かれると生き延びることができず、ヴァンディたちが2530年に地球に降りたときには、誰もいなかった。

かろうじて生き延び繁栄したMMSにしても、当初は子供しかいない実に大変な状況だった。ジニ号の物資やロイズのロボット類の操作権限、ダダーのノルルスカイン、カルミアン、《恋人たちラバーズ》等、もしどれか一つ欠けても生き延びることができなかったかもしれない。

翻ってみると、現実ではどうだろうか。今から500年後、800年後、1000年後、人類は生き延びているのだろうか。

現在自然は急速に破壊され、多くの動植物が絶滅しつつある。災害の猛威も半端ない。待った無しの状況に思える。

それに、核兵器原子力発電所など、ひとたび事故が起これば人間の手にあまる技術も使い続けている。思いおこせば、第1巻『メニー・メニー・シープ』の電気が逼迫する物語は、福島の原発事故直後の計画停電のさなか、現実とのシンクロを感じながら読んでいた。もし地震やテロで原発が破壊されれば、深刻な被害が出るだろう。だが、日本で核エネルギー廃絶への政策転換は、まだたいして進んでいない。

また、カルミアンがいないからクラスト化はされないが、遺伝子工学の技術は急速に進んでいる。これも人間の手に負えなくならないか。安易に遺伝子をいじって不妊や予期せぬ弊害が出たり、レッド・リートのような危険な動植物を生み出さないとも限らない。

はたして500年後の未来がどうなっているのか想像もつかないが、人間と人間の外の世界がまだ存在し、できれば豊かであってほしいと切に願う。

『天冥の標10 青葉よ、豊かなれ』(Part1〜Part3)

ついに完結篇となるシリーズ第10弾は、青葉で始まり青葉で終わる。80歳となった千茅は、生涯友達だった青葉の手紙を孫に見せる。

「立ち止まるな。押し潰されるな。生きられる場所を見つけて生きていけ。あんたたちが消えていい理由は何もない」
『天冥の標10 青葉よ、豊かなれ』(Part1) P61より

千茅はどんな《救世群ラクティス》の前にもきっとまた彼女が現れると宣言する。そしてそれが実現するのがこのシリーズだ。

Part1では、消信戦争シグナレス・ウォー後の地球の状況と「2惑星天体P連合軍A」艦隊が送り込まれてきた経緯が明らかになる。

Part2では、ミヒルの討伐隊が結成され、ドロテア戦艦の内部へと攻め込む。また、集結した宇宙諸族「橋なき岸の住人ブリッジレス」を説得するために、ユレインやラゴスら交渉団は、宇宙に浮かぶ巨大なリング「冠絡根環カンカラコンカン」へと向かう。

Part3では、MMS艦隊がカルミアンの母星カンムへ降下し、ここに逃れミスン族を取り込んだミスチフを阻止すべく、激しい戦闘を繰り広げる。イサリもまた、《救世群ラクティス》がここまで来た目的を果たそうと、カドムとともに降下する。二つの赤色巨星は、「橋なき岸の住人ブリッジレス」やセレスも否応なく巻き込み、いよいよ超新星爆発を引き起こそうとしている。

ラストでは、青葉が再度登場する。2019年の東京で、自分のやっていることが意味のあることなのか悩みながらも、青葉は千茅に励ましの手紙を送り続けている。

『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ』(Part1)

あらすじ

女王ミヒルを駆逐したメニー・メニー・シープは、ついに《救世群ラクティス》との和平を成し遂げる。太陽系から合流した二惑星天体連合軍(2PA)とともにカルミアンの母星に到達したセレスだったが、そこには超銀河団諸族の巨大艦隊が待ち受けていた。果たして彼らの狙いとは? カドム、イサリ、アクリラらは、メニー・メニー・シープの未来を求めて苦闘するが――今世紀最大最高のSFシリーズ万感の完結篇、ついに刊行開始

カバーより

金色の龍のような異星人エンルエンラの群勢は、勇み足でセレスに攻撃を仕掛けてきた。2PA艦隊はうまくおびき寄せ、強大な兵器「蝗群砲ローカスター」で迎え撃ってみせた。

闘鶏場コックピットでこの戦闘の行方を確認していたエランカとエファーミアに、コルホーネンは自分たちの物語を語った。

ノイジーラントのバラトゥン・コルホーネンは、強襲砲艦に一人乗り込み、自分の作った艦隊AIベッチーとともに、消信戦争シグナレス・ウォー後の各地の様子を回って見ていた。パラスで回復者スポイルトブレイド・ヴァンディと出会い、彼の部下のルッツ・ヨーゼンハイムを連絡係として、しばらくヒエロンのために協力する。

コルホーネンはあちこち見て回り、挙動のおかしいロイズのAIの代わりにベッチーのコピーを提供していたが、どの共同体も非染者ジャームレス回復者スポイルトとで争い、どちらかがどちらかを駆逐していて、ヒエロンのように両者が協力できているところはなかった。

しばらくして、セレスが消えたとわかった。セレスに息子がいたブレイドは、《救世群ラクティス》がこれを双子座へ向けて移動させたと突き止めた。しかし追うには遅すぎた。

かつて冷凍睡眠装置を発明したコルホーネンは、多くの時間を眠って過ごしていた。ブレイドに託されたヒエロンの避難船団を21年率いたが、ブレイドと再会し、800名にまで減った生存者を2530年に地球へ降ろす。地球には他には誰もいなかった。

コルホーネンはベッチーの始めた事業が気になり宇宙に一人残っていた。ベッチーは小惑星を原料に大規模な艦隊を作っていた。2570年、500億隻を超える2PA艦隊の準備が終わり、コルホーネンはロボットのルッツに起こされた。冷凍睡眠中の生存者499名を地球に残したまま、生き残った他の人間に会えるかもしれないと期待し、コルホーネンは230年かけてセレスにたどり着いた。

繁殖を終えたリリーは、高次元投射回帰通信「梢上通信ホーリン・ホツル」の受信機を作り、母星カンムの総女王オンネキッツが交信しているやりとりを傍受した。それにより、カンムを取り巻く状況がわかり、リリーたちは危機感を抱く。

オンネキッツはかねてからの危機「昏睡の沼」を防ぐために、母恒星クンブコを巨星化し、近くに移動させたもう一つの赤色巨星と合一させて、超新星爆発を引き起こそうとしていた。これを思いとどまらせようと、周辺から68種の宇宙種族が莫大な艦隊を率いこの宙域に集結していた。

セレスを守るためにオンネキッツを止めなければと考えたリリーは、自分たちが他のミスン族と違ってしまったことを自覚した。リリーたちはすでにMMSの一員だった。「昏睡の沼」を食い止める方法をリリーは模索する。

救世群ラクティス》の旧女帝ミヒルの行方を危惧していたゴフリに感銘を受け、ダダーのノルルスカインは皆に呼びかけた。セレス中心部のドロテア戦艦に隠れているミヒルの討伐を提案する。このままではミヒルがドロテアごとセレスから脱出し、電力が失われかねなかった。アクリラがハニカムでの会議を招集する。

イサリはノルルスカインに妹ミヒルを取り戻す方法を尋ねた。彼の身の上話を聞いたイサリは、彼自身もオムニフロラに大切な人を奪われたと指摘し、自分たちの大事なものを取り戻すと意気込んだ。

ハニカムで開かれたMMS新政府と《救世群ラクティス》政府の会議で、カルミアンや2PA艦隊の位置付けが確認された。会議の内容をエランカが声明として発表する。

石工メイスンと呼ばれていた異星人カルミアンは人間と対等の主権を持つことや、2PA艦隊には人間は一人しかいず、後にした太陽系でもほとんど滅びてしまったことを報告した。そしてセレスをカンムの周回軌道に落ち着かせるという目標を掲げた。だが、カンムは現在宇宙種族と戦争中であるため、まず和解が必要だった。また、ミヒルの掃討も急務だった。

カドムとイサリとアクリラは改めて三人で会い、火を囲んで食事する。久々の穏やかな時間に思いがこみあげて泣き出すイサリ。そこにリリーが現れて、ミスチフへの対抗策を提案し始めた。

ようやく明らかにされた地球の状況は、人類滅亡の直前にまで迫る危ういものだった。ブレイドが生き残っていたことは喜ばしいが、数少ない人々がいつまでも殺し合いを続けている状況は、なんともやりきれない。自分たちの宇宙船以外に人類はもういないかもしれないと、恐れながらさすらう状況は重すぎる。

『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ』(Part2)

あらすじ

全宇宙を覆いつつあるオムニフロラを食い止めるべく、カルミアンの総女王オンネキッツは、人工的な超新星爆発を起こそうとしていた。それに対抗する超銀河団諸族の巨大艦隊の真っ只中へと到達したセレスだったが、その内部ではMMS、《救世群ラクティス》、2PAの連合軍が、状況を打開する鍵となるドロテアへの侵攻を開始していた。それは、姉であるイサリの指揮の下、太陽系を滅ぼした仇敵ミヒルを討ち取ることを意味していた。

カバーより

海の一統アンチヨークス》のウーラと組んで任務をこなしてきたカメラマンのフェリックス・キムは、冥王斑に感染し治療を受けていた。2PA艦隊から来た微細機械ベッチーナは、フェリックスに血液と精子の提供を依頼した。ミスチフは冥王斑ウイルスを他の異星人にもばらまいた可能性があり、治療薬が交渉に使えそうだった。異星人たちに興味を持ったフェリックスは、実際に見たいと申し出る。

MMSでは、ドロテア戦艦のミヒルを討伐するクワガタムシスタッグビートル作戦の準備が着々と進められていた。二方向から挟み撃ちにする作戦で、アクリラはそれとは別に、破れ手袋ラギッドグローブ号での侵攻を準備していた。

カドムはリリーから提案されたミスチフへの対抗策をラゴスに伝えた。ミスチフはこれまで、淘汰されず、繁殖もせず、一個体のみで6千万年の間、ひたすら拡大して生き続けてきた。他の生き物と異なり、全く進化しなかった古いままの生き物だということが、ミスチフの弱点だった。

リリーはオンネキッツの超新星爆発の代替案として、『魅力的な蔓オムニフロラ・チャーミング』計画を提案した。地球人類は、冥王斑ウイルスを無効化する遺伝子をすでに獲得していた。リリーの計画にはこれが不可欠だった。ラゴスはその作戦は反・『混爾マージ』だと苦笑する。

ついにクワガタムシスタッグビートル作戦が開始された。南極側からは、噴射の止まった巨大ジェットの噴射口を爆破して《救世群ラクティス》軍と2PA艦隊陸戦隊が、MMS地下側からは、エレベーターの縦坑や隠蔽嚢を抜けてMMS軍が、セレス中心部の空洞に根を張り固定されたドロテア戦艦を目指す。怪生物たちが襲ってくる。

二つの軍団の侵攻に合わせ、破れ手袋ラギッドグローブ号に乗り込んだアクリラ率いる戦士たちが、以前アクリラが滑落した底無し穴を通って侵攻する。カドムやイサリたちもこれに乗り込んでいた。トラブルを切り抜け、ドロテア戦艦が支持根で支えられている巨大な空洞へ辿り着き、内部へ侵入する。

一方、セレスからユレインを代表とする交渉団が、宇宙に浮かぶ巨大なリングへ向かっていた。カルミアンのエチカや2PAのベッチーナの翻訳で草稿がまとめられ、宇宙感染症の治療に協力でき、ミスチフへの対抗策が必要だと持ちかける。

巨大な樹木のような異星種族カン類を統べる茜華根禍アカネカは、交渉団の提案した『魅力的な蔓オムニフロラ・チャーミング』に興味を示し、彼らの乗るシェパード号を冠絡根環カンカラコンカンに引き入れた。彼女は冥王斑耐性が遺伝することを証明するよう要求する。ベッチーナとラゴスは、フェリックスとウーラ、ユレインとカランドラに、彼らを連れてきた理由を明かす。しかしラゴスの要望は四人には受け入れがたかった。

セレスの中心では、熾烈な戦闘が繰り広げられていた。ドロテアは分泌腺グランドを作って自切しようとしていた。各部隊はドロテア内部で合流し、分泌腺グランドを目指す。イサリはついにミヒルを見つけだした。

イサリとミヒルとの姉妹愛あふれるやりとりは、涙なしには読めない。イサリはミヒルがこれまで一人で背負ってきた重いものを、一緒に背負ってやった。また、これまでに登場した個性的な登場人物たちが何人も犠牲となり、アクリラもぶっ倒れる。かなり辛い巻である。

多くの犠牲のうえに当初の目的は達成され、ドロテアの電力源は確保された。しかしドロテアの芯の部分が離脱して、カンムへと向かってしまった。

また、ついにオンネキッツは二つの太陽を爆発させ始めた。

『天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ』(Par3)

あらすじ

メニー・メニー・シープという人類の箱舟を舞台にした、《救世群》たちとアウレーリア一統の末裔、そして機械じかけの子息たちの物語は、ここに大団円を迎える。羊と猿と百掬ひゃっきくの銀河の彼方より伝わる因縁、人類史上最悪の宿怨を乗り越え、かろうじて新世界ハーブCより再興した地で、絶望的なジャイアント・アークの下、ヒトであるヒトとないヒトとともに私達は願う、青葉よ、豊かなれと。天冥の標10巻・17冊、ついに完結

カバーより

ドロテアが切り離した芯の部分はカンムへ向かい、ミスン族の一人が取り込まれた。

セレスからの交渉団は分裂していた。ラゴスがフェリックスたちに求めたことは受け入れられず、またカン類は個体の生命には無頓着だったため、人間四人とカルミアンたちはシェパード号から逃げ出していた。彼らはカンカラコンカン内部を異星人のナーキドやスミハシたちに助けられて逃げ回る。

フェリックスたちのことは伏せたまま、ラゴスはエランカに人間の生殖細胞を送るよう連絡してきた。しかし、議会でも人々の理解は得られず紛糾していた。だが、逃げていたフェリックスたちは考えを変えて連絡して来た。フェリックスが議会を説得し、流れが変わって承認された。

ラゴス茜華根禍アカネカ王女を口説き落とそうとしていた。しかし、カンムで異常事態が観測されて、つれなくあしらわれる。オンネキッツが大重質量特異点をカンムで開設していた。

オンネキッツに超新星化を思いとどまらせようと、茜華根禍アカネカラゴスの提案を伝える。だが、ラゴスはオンネキッツを説得できず、論破されてしまった。

アクリラはカンムに向かうMMS艦隊の情報空間から総司令官として名乗りを上げ、救助要請があれば受け入れると橋なき岸の住人ブリッジレスみんなに語りかけた。アクリラはノルルスカインから新たな役割を受け継ぎ、指導を受けていた。

連絡してきた異星人に、超新星爆発を凌ぐための「迎え火作戦」と、ラゴスがオンネキッツに提示した作戦をアップデートした「みにくいアヒルの子作戦」について説明する。アクリラの読みどおり、オンネキッツが阻止するために連絡してきた。

アクリラの計画は、フェリックスたちを助けたガジ族に擁護され、詳細を検討したカン類や、他の宇宙諸族からも参加表明があった。安全を期し、周辺で一番大きいセレスで、希望する諸族の幼体を受け入れる。「迎え火作戦」の準備も、カン類やガジ族らの艦隊とも連携し進められた。

しばらく静かになっていたオンネキッツは、カンムで戦闘中だった。ミスチフに乗っ取られたミスン族にカンム地表の超新星化制御施設が占拠されていた。超新星爆発を止めるためには制御施設を取り戻し、二つの巨星を引き離す必要があった。アクリラがMMS艦隊に出撃を指示する。

カンム上空で強襲上陸の準備が進められる。MMS艦隊に混じり、イサリとカドムもカンムへ降下しようとしていた。イサリはオンネキッツに《救世群ラクティス》みんなのセルマップを頼もうとしていた。

また、「みにくいアヒルの子作戦」に使用される生殖細胞も用意され、カン類に引き渡された。「控えめに魅力的な種オムニフロラ・チャーミング・モデラー」の生成が進められる。

降下艦隊は大気圏へ突入していったが、カンムでは防空部隊までもミスチフに乗っ取られていた。ノルルスカインが渾身の作戦でうって出る。オシアンが大量の倫理兵器エチック・ウェポンを操り、2PA艦隊陸戦部隊や《救世群ラクティス》、これまで戦ってきた登場人物たちが熾烈な戦闘を繰り広げ進攻した。また、汚れを恐れないリリーが根性を発揮してみせた。

しかし、超新星爆発はすでに止められなくなっていた。カドムとイサリは茜華根禍アカネカと協力するようオンネキッツを説得し、自分たちの外の世界も豊かであってほしいと訴える。他の者たちは引き揚げ、「迎え火作戦」に全力を注ぐ。ついに超新星爆発が始まった。

時代は飛んで、3135年。《正統派地球人オーソドックス》、《救世軍ラクティス》、《酸素いらずアンチ・オックス》、カルミアンが助け合い、樹木型(おそらくカン類)の巨大な宇宙船で地球から他の星へと旅立とうとする、希望に満ちた未来の様子が描かれている。太陽系の様相も相当変化し、犠牲もはかりしれないほど大きかったが、エランカの掲げた「豊かな国と未来」が見事に実現している。